ページ

2013年1月12日土曜日

archives/8914


・これからSEOの市場は伸びていくの?
今まで以上に伸びるかもしれない。

・今のSEO業界の市場規模はどう推移しているの?
緩やかに毎年伸び続けているけど、
インハウスはまずまず順調、
アウトソーシングは厳しいイメージ。

・なぜアウトソーシングは厳しいの?
費用対効果が悪いし、
スパムのような悪いニュースばかり

・なぜ費用対効果が悪いの?
サービスの品質に対して価格が高い

・価格を下げてみたらどう?
SEO業者の間では価格競争が起きている

・じゃあ費用対効果は良くなっていくんじゃないの?
今度は順位が上がらない

・なぜ順位が上がらないの?
アルゴリズムの変動、
リンク中心でペナルティを受けてる。

・ペナルティを受けないホワイトハットは?
まだまだ優れた業者は少なく、
効果が予測しずらい、それと難しい

・じゃあどうやって市場は拡大するの?
コンバージョン率をアップさせるような
支援サービスが増える。

・なぜコンバージョン率が大事なの?
ユーザー数はこれ以上大幅に増えることはないけど、
成約率はまだまだ向上できる。

・CVRを上げるとどうなる?
限られたユーザー数の中で、
使うお金が多くなる。

・使うお金が多くなるとどうなるの?
サイト運営者が潤う

・運営者が潤うとどうなるの
広告やSEOへのニーズが強まる

・ニーズが強まるとどうなるの
SEOの市場規模が拡大する


ウェブマスターツールとGoogleプレイスとGoogle+がうまく連携して、ビッグキーワードでも地方のユーザーには専用のタイトルタグ&ディスクリプションを用意してランディングページを個別に設定できたり、午前、午後、夜、深夜で順位が動いたり、日曜日は営業中のお店のみが表示される結果になったり、男性には男性専用サイトやページや広告が表示されたり、年齢ごとにWEBサイトの色合いを変更したり、スマホサイトも独自のクローラーによって、最適化されたページのみ表示されたり、そういったLPO機能ができれば、WEBの仕事がさらに忙しくなりますが、追究できる幅が広がり、SEOの未来が明るいような気がするんじゃないかなあと、女性専用車両に間違えて乗ってしまい、気まずかったので車両広告でも見ていたら、そこに髭剃りの広告を見つけた時に考えました。